ちゃまブログ

30代・妊活中・共働き主婦のブログ

結婚記念日の決め方

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは入籍の日、どうやって決めましたか?

今日は入籍日をちゃまたち夫婦はどうやって決めたかについて書きます。

 

日取りを決めたタイミング

そもそも結婚するとは決まっていたものの、入籍はいつにするか全然決まっていませんでした。

 

婚約指輪を2人で買いに行ったときのこと。

指輪の内側に文字を刻印できるということでしたが、ちゃまが選んだ指輪が少し特殊な形だったで、刻印できる文字数が8文字以内と決まっているとのことでした。

「8文字なので結婚記念日を数字で刻印するのがオススメです。」と店員さんが教えてくれました。

 

ちゃまたちの場合は式を挙げないので入籍日を結婚記念日にしようということに。

それしか選択肢はないですね。笑

 

結婚記念日かぁ・・・

 

いつにするか決めていなかったちゃまたち。

その場で相談することに。

 

結婚記念日はいつにする?

ちょうど ”付き合った日” が近かったのでその辺りにする?なんて曖昧にしていてはっきり決めていませんでした。

でもいざ決めるとなったら難しいものです。

何か大切な行事を行う日は ”大安” とか ”仏滅”六曜を意識して決めることが多い日本の考え方も取り入れつつ決めていくことに。

 

カレンダーと見ると、その ”付き合った日” は ”大安” ではなく ”赤口” でした。

できればおめでたい大安がいい・・・

 

そのほかにも、”天赦日””一粒万倍日” というものもあるそうです。

あまり聞きなれないものだったのですが、

  • 天赦日・・・・・天がすべての罪を赦すという最上の吉日。大安よりも縁起が良いとされる日。
  • 一粒万倍日・・・一粒の籾が稲穂のように万倍にも増えるといわれる吉日で、何事を始めるにも良いとされる日。

ほほう、じゃあ一番近い天赦日か一粒万倍日にする?

なんて言ってたら、近くにどちらも重なる日がありました!

それって最強に縁起が良い日なわけです!

しかもその日はオットの誕生日!

 

なんて運命的な日なんでしょう・・・!

それを知って即決でした。

 

あとあと調べてみるとこの年の天赦日は6日しかなくて、一粒万倍日と重なる日は4日だけでした。

その365分の4日がオットの誕生日と重なるって奇跡すぎる・・・!

 

無事、”最強開運日” に婚姻届を提出して夫婦になることができました。

 

それにしても、決めるタイミングがジュエリーショップになるとは。笑