ちゃまブログ

30代・妊活中・共働き主婦のブログ

妊活のスタートラインに立った!はずだったのに・・・

こんにちは、ちゃまです!

かなり久しぶりの更新となりました・・・

 

今日は以前ブログに書いた妊活の続きを書きたいと思います。

 

あのブログを書いたのが6月。

これまでのことを簡単にまとめてみると

昨年9月の生理を最後に10・11・12月、生理が止まってしまいました。

2つの産婦人科に行ってもよく話を聞いてくれず、ちゃんと治療をしてもらえませんでした。

3つ目の病院で素晴らしい先生に出会い(正確には再会)ようやく治療がスタートしたわけです。

それが今年の2月。

薬を使って生理を起こし、そこから4ヶ月かけて生理の周期を戻していくという治療をしていました。

7月に4周期の治療が終了し、3ヶ月の休薬期間を迎えたところでした。

 

ここからがその後の話になります。

 

薬を飲み終わり、最後の生理がきました。

しかし、その後いつまでたっても基礎体温が上昇しません。

あれ???

ちゃまは分かっていませんでした。

4周期の治療が終わったら自然に周期が戻るものだと思っていたのでした。

でも現実は違ったのでした。

 

待っても待っても高温期にならなければ生理もこない。

でも途中、ほんのり茶オリのようなものが出た時期がありました。

下腹部が痛い時もあったりして不安な日々が続きました。

 

8月下旬。

病院に行って先生に事情を説明しました。

「そうですか、大丈夫ですよ。

 何の反応もない人もいるので、茶オリが出ただけいい方だと思います。」

という反応でした。

そうだったのか、、心配しすぎてたようでした。

でも、早く妊娠したいと気持ちは焦るばかりでした。

 

「今すぐに妊娠を望んでいますか?」

と先生からの質問。

もちろん答えは「はい!!!」でした。

「今月末まで待って生理がこないようなら薬を使いましょう。

 また生理を起こさせて、生理がきた5日目から排卵誘発剤の薬を

 5日間飲んで排卵させましょう。」

ということで、8月中は様子を見ることになりました。

 

来月から本格的に妊活を始められる!

 

この時は希望で胸がいっぱいでした。

 

つづく。

 

 

結婚写真失敗談

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは結婚写真撮りましたか?

ちゃまは結婚写真で失敗したなとかなり後悔しています。

今日はちゃまたち夫婦の結婚写真撮影の時のお話を書きたいと思います。

 

スタジオ選び

まずはスタジオ選びから。

ちゃまたちの場合は

  1. 予算
  2. 写真の雰囲気
  3. 衣装

の順に優先して選びました。

 

ネットで探すとたくさん出てくるので、その中でランキング上位のものや口コミ情報をもとにいくつか候補を挙げてその中から探すという方法でした。

 

ネットで見たものは実際の写真が掲載されているものがほとんどなので、雰囲気がつかみやすいなと思いました。

それに、プランの内容も細かく説明されているものが多いので、予算が決まっている場合は安心です。

 

ちゃまたちの場合は、式を挙げなかったのでチャペルで実際に挙式を行なっているかのように撮影できるプランがあると知ってかなり魅力を感じました。

 

ちゃまとしては、ウエディングドレス・白無垢・色打掛の3パターンの写真を撮るのが憧れでした。

なので、チャペルでウエディングドレスを着て撮影・スタジオまたはロケーションにて着物2パターンの撮影が理想でした。

 

候補の中から1つのスタジオに絞ることができ、連絡を取ることに。

一度現地に出向くことになりました。

 

撮影スタジオ

約束の日時、オットと現地に行くととても感じのよいプランナーさんが出迎えてくれました。

”チャペルフォトプラン” と ”和装スタジオプラン” という2つのプランが気になっていると電話で伝えてあったので、内容を詳しく説明してくれました。

 

チャペルフォトプランに含まれるものは

  • ドレス&タキシード(スタンダード)
  • ヘアメイク(新婦)
  • 写真撮影
  • 1カットデータ付
  • 台紙写真1冊
  • シャペル使用
  • 結婚証明書
  • 写真セレクト
  • ブーケ
  • ドレス補正
  • アクセサリー
  • 小物一式

この基本プランで 5,000円(税込)なのだそう。

破格ですよね。

でも、これってちゃんとカラクリがあって・・・

 

基本プラン+アルバム10P(10カット)・・・43,000円

基本プラン+写真全データ(130カット以上)・・・65,000円

基本プラン+アルバム20P(25カット)+写真全データ・・・88,000円

基本プラン+アルバム30P(35カット)+写真全データ・・・118,000円

 

というふうにグレードがあります。

撮影できてもデータが手元に残らなきゃ意味ないので、必然的に43,000円〜118,000円のプランを選ぶことになるわけです。

 

それにしても全部込みでこの価格は安い方だと思います。

衣装

さらに、衣装も基本プラン内のものはかなり種類も少なく、素敵だと感じるものはあまりありませんでした。

衣装がかかっているポールのここからここまでは基本プラン、ここからここまでは+OO万円と、衣装にも何段階かグレードがありました。

高ければ高いほど生地も状態も良く、繊細な作りの新作のドレスが着られるわけです。

 

男性用のタキシードも同じシステムでした。

 

わかってはいたものの、実際にドレスを見てみるとここまで違うのかってくらい差がありました。

 

和装は実際に見ることができるのが当日になるそうで、写真を見せてもらいました。

ドレスと同じように基本プラン内だと単色で柄はほとんど入っていないようなものでした。

グレードが高ければ高いほど柄もしっかり入った豪華な着物になっていました。

 

 

ここまで説明を聞いてみて、お金をかければかけるほど満足のいく写真が撮れそうだということがわかりました。

つづく。

都内で暮らす夫婦に車は必要か

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは車を持っていますか?

ちゃまたち夫婦は今年の2月に車を購入しました。

今日は都内で暮らす夫婦が車を買った時のお話を書きたいと思います。

 

車を買う前の住環境

今住んでいるのは駅から徒歩4分の賃貸マンションです。

この近さなので電車を使うのが便利です。

商店街にも近くて、スーパーやドラッグストアも徒歩1分の距離にあります。

駅前にも大きなスーパーとドラッグストアがあり、ありがたいことにどちらも深夜1時まで営業しています。

飲食店は少ない街ですが、普段の生活で必要なものはすぐ買いに行けるのでかなり住み心地の良い環境です。

 

ちゃまとオットはクロスバイクをそれぞれ持っているので自転車を使って少し遠出することもできます。

それにオットがバイクを持っているのである程度の距離なら出掛けられます。

また、車が必要な時はオットの実家の車を借りることができるのでたまに借りたりしていました。

 

と、車がなくても十分暮らしていける環境でした。

 

車が欲しい

でも車が欲しい願望がどんどん大きくなっていったオットがいました。

それが年末頃・・・

年が明けてからもその思いは加速する一方でした。

特に、冬だったということもあって。

なぜって、バイクだと冬はかなり寒いからです。笑

 

外を通る車をよく見るようになってだんだん車のメーカーや車種に詳しくなっていきました。

「もし買うならここのメーカーのこの車種がいいよね!」なんて話すようになっていきました。

 

でも、今の生活で車があるのは持て余すんじゃないか・・・?

もし買うとしたら、子供が生まれたらとか、家を買ったらにしたら?

 

というちゃまの思いは虚しく、オットを止められませんでした。

 

試乗

1月上旬、オットは一人でメーカーに足を運びました。

この日はもともと予定があったのでちゃまは行けませんでした。

気になっていた車種の試乗をしたそうです。

そして大興奮しながら帰ってきました。

「運転席がガンダムのコックピットみたいだった!」って少年のように。

 

オットはもう買う気になっていました。

試乗したらそりゃそうなりますよね・・・

 

車を買う

車を買うには車庫証明が必要になります。

住んでいるマンションのすぐ近くに空きの駐車場があり、問い合わせたところうちのマンションの大家さんが管理している駐車場だということがわかりました。

すぐに契約し、車庫証明を発行してもらいました。

ここまで簡単に書きましたが、何度も連絡を取り、何度も管理会社に足を運んだオット。

車のためにいつになく頑張っていたオットでした。

 

試乗から2週間くらいしてオットが車を買いに行きました。

 

納車は早くて2週間後だそうでソワソワしながら毎日を過ごしていました。

 

納車

納車日、12時で早上がりしたオットはワクワクしながらメーカーへ向かいました。

(ここまでちゃまはほとんど出てきませんでしたが、オットが活動している時は一人でお店に出て仕事をしていました。笑)

 

最初は反対していたちゃまでしたが、買うと決まってからは楽しみでした。

職場からは少し遠いメーカーだったので帰りは夕方くらいになるだろうってことでした。

ちゃまがお店を閉める頃に迎えにきてくれるということになっていたのですが・・・

結構渋滞していてなかなか時間がかかったようで、結局契約した駐車場での対面となりました。

 

車がある生活

都内に住んでいると車に乗る機会がなかなかないので、今時の車ってこんなになってるんだー!っていろんなことに驚きました。

 

一番びっくりしたのは自動追跡機能です。

ぴっとボタン一つで前の車を追ってくれるんです。

速さや車間距離の設定もできるんですねぇ、すごい。

 

ちゃま的に一番感動したのは、シートそのものが暖かくなる機能です!!!

極度の冷え性のちゃまには大変ありがたい機能であります。

 

他にも、運転席と助手席のシートの前後・高さを細かく設定できたりと、昔の車とは全然違って驚くことばかりでした。

 

車が来てからというもの、毎晩のようにドライブに出掛けました。

当時2月なので寒い時期でしたが・・・全然寒くない!!!

車最高!!!

 

車は必要ないって思ってましたが、あるとやっぱり便利です。

休日は毎週どこかに出掛けています。

行動範囲がすごく広がりました。

バイクと違って買い物して荷物になっても平気です。

ヘルメットをかぶる必要もありません。

 

車を買って、駐車場代、ガソリン代、車にかかる税金などの支払いは増えましたが、生活がもっと楽しくなったように思います。

結果的に買ってよかったなと思っています。

夫婦の休日の過ごし方

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは夫婦で休日をどう過ごしていますか?

今日はちゃまたち夫婦の休日の過ごし方を紹介したいと思います。笑

 

毎週休みが一緒

ちゃまたち夫婦は2人でお店をやっているので週に一度の休みが同じ日なんです。

ちゃまもオットも友達とよく出掛けるという方ではないので、だいたい毎週一緒に過ごしています。

 

起きる時間

まず、朝は各々寝たいだけ寝ます。

そして起きたい時に起きる。

いつもちゃまの方が遅くまで寝ています。笑

 

ちゃまが起きる頃、オットが打ちっ放しから帰ってきます。

休みの日でも早起きのオットなのです。笑

起きたら朝食を作り、一緒に食べます。

 

午前は掃除を

それからはお昼頃までそれぞれ好きなように過ごします。

最近、ちゃまは洗面台と浴室の念入り掃除を、オットは洗車をするということが多いです。

 

昼食

ひと段落したらお昼ご飯。

家で食べる場合はちゃまが作ります。

外食することもあるのでその時は車で出掛けます。

 

趣味のひと時

家にいる場合の午後はちゃまはドラマや映画を観ます。

オットは外で素振りをしたりテレビを観ながらお昼寝です。笑

 

週に一度の楽しみ

夕方に近づいてくる頃、温泉に行きます。

2人とも温泉好きなのです。

家から車で30分以内で行ける温泉施設が6ヶ所はあるのでその日の気分で好きな場所に行きます。

1週間の疲れをゆっくり癒します。

 

夕ご飯は温泉で食べることもあれば帰って家で作って食べることもあります。

 

 

とまあ最近はこんな感じの休日を過ごしています。

大したことないのに紹介してすみません。笑

ゆっくり寝れて、掃除もできて、好きなこともやって、癒されて。

結構贅沢な休日の過ごし方かもしれません。笑

 

たまーに遠出する時もありますが、普通が一番幸せだったりします。

共働き夫婦の家事事情

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんの家庭では、家事は分担していますか?

今日はちゃまたち夫婦の家事事情について書きたいと思います。

 

一緒に暮らす前はお互い一人暮らしをしていました。

今までそれぞれ家事は自分でやっていたっていうのもあって、最初のうちは協力してやっていました。

 

料理

ただ、オットは料理はめっきりなのでいつもちゃまが作っています。

お店を始めてからはお弁当を持って行くようになったので、朝起きて朝食とお弁当を作り、仕事帰りに買い出しをし、帰宅後夕飯を作るのがちゃまの日課です。

洗い物も基本はちゃまがやっています。

 

洗濯

洗濯はそれぞれお気に入りの洗剤や柔軟剤があるので別々にやっています。

”自分の服は自分で洗う” がちゃまたち夫婦流です。

最初の頃は今まで使っていた洗剤がなくなるまでと言っていたのですが、結局2年半たった今でも別々です。笑

だいたい4日に一度個別に洗濯。

タオル類や寝具はちゃまがまとめて洗濯するという感じです。

 

掃除

掃除機は2〜3日に1度かけます。

本当は毎日かけた方がいいのでしょうが、クイックルワイパーでさっと済ませてしまっています。

お風呂やトイレなどは1〜2週間に一度、念入りに掃除します。

(入浴する時期は毎日浴槽を磨きます。)

そのほか、気になった時に掃除するという感じです。

簡単な説明でしたが、そんな感じで掃除はちゃまがやることがほとんどです。

 

洗車

その代わりといっては何ですが、洗車はオットがやってくれます。

車を買って4ヶ月が過ぎましたが、今のところ週1〜2ペースで洗車しています。

花粉の時期や、雨が降った後はもっと頻度が多いですが、とにかくピッカピカに保ってくれています。

 

ゴミ出し

ゴミの日は朝ちゃまが家中のゴミをまとめて、オットが外に出しに行ってくれます。

これだけは強力してやっています。笑

 

夫婦でうまくやっていく方法

と、ザッと思い浮かぶ家事を挙げてみましたが、ほとんどちゃまがやっています。

ちゃまは人がやるんなら自分でやってしまいたいって思う方なので気になったらどんどんやります。

たまーにオットがもっとやってくれたら楽なのになと思いますが・・・笑

 

ちゃまたち夫婦は共働きで一緒にお店をやっているので、勤務時間は一緒です。

だから不公平だと思ったこともないわけじゃないですが、オットはオットでお店の責任者としていろんな手続きやら発注やら頑張ってくれているのでお互い様なんです。

家ではちゃまが少しだけ頑張って、気持ちよく過ごせるようにやっているわけです。

自然とそれぞれ分担しているんです。

 

夫婦だから何でもやってもらうのが当たり前じゃなくて、少しでも相手に思いやりの気持ちがあるとうまくいくのだなって書いていて思いました。

オットはご飯を食べる時は毎度毎度「おいしい、おいしいー!」と絶賛しながら食べてくれます。

それだけで、作ってよかったな、また作ろうと思えます。

 

オットが洗車したら「すごい綺麗ー!ピカピカだね!」と少し大袈裟なくらい褒めるようにしています。

褒められて嬉しくない人いませんよね。

オットはそれですごく嬉しそうにしているのでお互い気分良くなります。

 

そういう少しの心掛けってすごく大事だと思います。

何事も ”あたりまえ” と思わず、”ありがとう” と言えるように!

家事の話から少しズレましたが、元は他人同士の夫婦がうまくやっていくコツはこのへんにあるんだろうなと思います。

同棲のタイミング

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは結婚する前に同棲していましたか?

それとも、結婚後に一緒に住むようになりましたか?

今日はちゃまたち夫婦の共同生活の始め方について書きたいと思います。

 

理想の物件

ちゃまたち夫婦は結婚を前提に付き合い始めました。

付き合ってすぐの頃はお互いの家を行き来していました。

同じ区内だったのでそこまで遠くはありませんでした。

 

結婚してから一緒に暮らすつもりでいたのですが、付き合って半年くらいがたった頃から、「一緒に住むならこんな家がいい!」とか、「こんなインテリアにしたい!」など話すようになりました。

もともとネットで物件情報を見るのが好きだったちゃまは、以前にも増して物件探しをするようになっていました。

 

お互い同棲したことがありませんでした。

それぞれ一人暮らしをしていたので、探す物件は少し広めでした。

それだけでワクワク・・・!

最低でも1LDKがいい。2LDKであったらなおよし!という感じでした。

 

とにかく今より広い部屋に住めるわけですね。

 

住む地域

場所はどの辺りにしようか?

オットの実家は都内にあり、実家と同じ街で一人暮らしをしていたオットなのでできれば地元であるその周辺がいいということになっていきました。

ちゃまは場所にこだわりはなかったのですんなり賛成し、その沿線周辺の物件を検索しひたすら眺める日々。

 

求める条件

間取り、家賃、駅からの距離、周辺に何があるかなど、人によって求める条件は違うと思います。

ちゃまたちの場合は

  1. 家賃(10〜11万円くらい)
  2. 駅からの距離(駅徒歩7分以内)
  3. オートロックのマンション(できれば2階以上)
  4. 築浅(5年以内)

この4つを重視して物件探しをしていました。

と言っても、まだ結婚するわけではないのですぐに引っ越すということではありません。

ただ理想の物件に近いものがないかと見ているだけ。

 

急な内見

と思っていたのですがある休みの日、「暇だから物件でも見に行ってみる?」といつになく乗り気で言い出したオット。

というのも、駅徒歩4分で家賃105,000円でオートロックのマンションの4階で築2年という理想的な物件を見つけたので興味本位で見るだけ見に行ってみることに。

 

掲載されていた不動産会社に連絡したら今からすぐに内見できることに。

急いで支度して出掛けました。

 

不動産会社に行くと、希望の条件やら何やらいろいろ聞かれ、ついでだからと他にも気になる物件があったら見せてくれるとのこと。

でも他にこれといってなかったので1件だけ見せてもらうことになりました。

(不動産屋にあった物件情報がネットに掲載しているものばかりだったのにびっくりしたのを覚えています。これなら事前によく調べておけるなと思いました。)

 

実際に物件を見ると写真ではわからなかったことも確かめることができて、”もし入居したら” の想像がしやすかったです。

 

それにしてもこの物件、なぜこんな破格なのか不動産屋のお兄さんが教えてくれました。

(ちなみに、この地域の1LDKで駅徒歩4分の築浅オートロックマンションは14万以上はします。)

このマンションの他の部屋は2LDK以上だけど、面積の都合上この部屋だけが1LDKと狭い造りになっているのだそう。

しかも、LDK以外の部屋がかなり狭く4.5畳しかありません。

だから内見に来る人はいても、実際見ると狭すぎると言ってなかなか入居者がいないのだそう。

 

確かに狭い・・・

でも、ちゃまたち夫婦はどちらも物が多い方ではないので、大丈夫だろうなんて話していました。

 

タイミング

それにしても見れば見るほど惹かれるものがありました・・・

狭いけどそれなりに収納はできるし、キッチン広いし、眺めもいい。

最後には、「ここに決めちゃう?」と言い出し、まさかの仮契約!!!笑

 

結局、入籍前に同棲することになってしまいました。

入居まで1ヶ月くらいあったのでその間にお互いの実家に ”同棲します” の挨拶をしに行きました。

 

 

まさかの同棲スタートでしたがその後無事に結婚もでき、今もあの時見つけた部屋で毎日楽しく暮らしています。

SNSをやめる勇気

 

 

こんにちは、ちゃまです!

 

みなさんは SNS やってますか?

この時代、やっていないって人の方が少ないですよね。

 

今日は、ちゃまが Facebook をやめた時のお話を書きます。

 

20代半ばの頃の交友関係 

当時流行りだした Facebook をちゃまもやっていて、いろんな人と知り合いになっては ”友達” になっていきました。

いろんなイベントに参加してみたりイベントを企画してみんなを呼んでみたり。

今でいう ”リア充” してたわけです。笑

こんなちゃまですが、若い頃は恥ずかしながらウェイウェイしてた時期もありました。笑

 

最終的に Facebook の ”友達” が700人を超えていました。

会ったことがあって言葉を交わしたことのある人としか ”友達” にはならないのがちゃま的ルールでした。

 

”友達” は本当に友達なのか?

ある時、ふと考えました。

Facebook の ”友達” の中に本当の友達が何人いるのだろうか?

そもそも、「友達」ってなんだろう。

ちゃまには「知り合い」はたくさんいても「友達」がほとんどいないんじゃないか。

 

ある年の誕生日、たくさんの人からお祝いメッセージをもらいました。

数えてみたらかるく100人は超えていました。

Facebook で誕生日を登録していたのでみんながお祝いメッセージしてくれたんですね。

その時はただただ素直に嬉しい!こんなにたくさんの人に祝ってもらったの初めてだ!なんて喜ぶだけでした。

 

それから少したっていろんな経験をし、考え方がガラッと変わる時期がありました。

それからは交友関係もガラッと変わりました。

 

今まで遊んでいた仲間たちと距離をおくようになり、遊びに出掛けることもどんどん減っていきました。

 

感じ始めた違和感

とにかく外へとで突っ走った20代半ばでしたが、20代後半に差し掛かった頃には完全にインドアちゃまに戻っていました。

 

リア充” 時代は仕事の後や休日はほとんど空きがないくらいにいつも予定を入れて外に出掛けていました。

その時は気づいていなかったけれど、自分だけの時間が全然持てていませんでした。

自分と向き合う時間

これってかなり大切な時間です。今になってよくわかります。

 

今までは1日に何度もチェックしていた Facebook でしたが、インドアちゃまになってから開く回数がどんどん減っていきました。

それでも誕生日がくるとあの時のようにたくさんのお祝いメッセージが送られてきていました。

でも、なんだろう、この違和感・・・と思うようになっていきました。

 

Facebook をやめることにした

今までは実際に会って話して同じ時間を過ごして楽しさを分かち合うけど、Facebook でも一応繋がっている。という感じでした。

でもそれが逆転している。

もう Facebook 上でしか繋がりがない。

もともと友達も少なくて引きこもり気質なちゃまにはそれが違和感でしかありませんでした。

 

登録していた生年月日を消し、今まで以上に Facebook を開かなくなりました。

その後、誕生日がやってくると、本当に覚えてくれていた人だけが連絡をくれるようになりました。

すごく嬉しかったのと同時に、なんだか安心したのを覚えています。

 

そしてちょうど今から1年くらい前、 Facebook をやめることにしました。

 

700人くらいいた ”友達” のほとんどと連絡が取れなくなりました。

今何してるかもわかりません。

 

でも心の底からスッキリしました。

 

Facebook をやめてみて

今、目の前にいる人とのかけがえのない時間をしっかりと大切にして生きていける気がしました。

1年たった今、困ることも何ひとつないし、結果やめてよかったと思っています。

毎日チェックしていた頃は、みんなの投稿をみて ”いいね” を押したりコメントを書いたりしていました。

それでみんなと繋がってる気になっていました。

でも違ってた。

 あくまでちゃまの場合ですが。

 

今知り合いと繋がっている SNS はありません。

もともとやっていた InstagramTwitter はそのまま続けていますが見る専門です。笑

好きな芸能人とか、一般の方でもおしゃれなファッションやインテリアを投稿してるインスタグラマーさんをフォローして眺めています。

知り合いのフォローはしていません。

 

今のちゃまにはこれでいいんだって思います。

もちろん、考え方は人それぞれです。

楽しんでやっている人がいるのは、それはいいことです!

否定するつもりなんてありません!

ただ、いろんなしがらみがあったりだとか何かの理由があって続けるか迷っている人がいるのなら、一度やめてみるのもいいと思いますよ!

それだけです。

 

ちゃまは Facebook をやめて、少しだけ新しい自分になれた気がします!